【はじめての方必見】ふるさと納税について

記事を書いた人
ryusei

最近ふるさと納税しすぎて、金欠ぎみのりゅーせーです。

今回は、「ふるさと納税」をやってみたい気持ちはあっても、躊躇している方へ少しでもふるさと納税を身近に感じていただき、ふるさと納税のキッカケとなれればと思います。

ふるさと納税について

ふるさと納税とは、あなたが応援したい自治体に寄付ができる仕組みのことで、寄付金額に応じて、返礼品や税金の還付・控除が受けられます。つまり返礼品などは、手続きをすると、最終的に自己負担額が2,000円のみで自治体から特産品や宿泊券などがもらえます。

※控除上限額の範囲内で寄付すると、2,000円を超える部分について税金が控除されます。
※確定申告に関しては、所得税からの還付と住民税からの控除が受けられます。

ふるさと納税の3つの魅力

さとふるで会員登録(無料)をしていただくと、お礼品の配送状況や寄付履歴が分かるマイページ機能が活用でき、かんたん・便利に寄付手続きが行えるようになります。

ふるさと納税の流れ

STEP1 控除上限額を調べる

自身の控除上限額の目安を計算します。控除上限額は、ふるさと納税をする方の家族構成や年収(所得)その年に受ける各種控除の金額などによって異なります。まずは必要事項を選択して、あなたの控除上限額の目安を調べてみましょう。

STEP2 自治体に寄付する

出身地に限らず応援したい地域に寄付ができます。自治体によって、地域の肉、魚介、果物をはじめ、工芸品などの特産品や地域の施設の優待券・宿泊券などがお礼品としてもらえます。

STEP3 控除手続きをする

寄付金控除の申請には「ワンストップ特例制度」と「確定申告」の方法があり、条件を確認して、申請手続を行います。

確定申告が所得税・住民税を還付・控除する手続きであるのに対し、ワンストップ特例制度では住民税のみが控除対象です。

確定申告においては所得税で還付される額も含め、ワンストップ特例制度では住民税の控除額となるため、原則として差額は生じません。

まとめ

ここまで、ざっくりとした申し込みの流れ、確定申告・ワンストップ特例制度などの難しく感じがちな仕組みについて説明させていただきました。「ふるさと納税をはじめてみたいけど難しそう。」や「ふるさと納税の仕組みがよく分からない。」という声をよく耳にするので、少しでもふるさと納税に興味や関心をもっていただければ幸いです。あなたの控除額を調べて、最大限活用することをおススメします。