400年以上の歴史を誇るお酒。

記事を書いた人
ryusei

どうも株式会社フリースタイルエンターテイメント地域創生事業のりゅーせいです。
熊本県球磨エリアを盛り上げるために、日々奮闘中です。今回は、日本で地名がついている「球磨焼酎」の魅力をみなさまにお届けできればなと思います。

球磨焼酎とは

熊本県の最南端に位置する人吉球磨は、九州山系の懐深い山々に囲まれた盆地です。盆地特有の寒暖の差が激しい気候と風土が育む豊かな大地で、米どころを作り上げ、この米から造る本格焼酎「球磨焼酎」が誕生しました。球磨焼酎の定義は、米(米こうじを含む。)を原料として、人吉球磨の水で仕込んだもろみを人吉球磨で、単式蒸留機で蒸留し、瓶詰したものを指します。

1995年、球磨焼酎はシャンパンやコニャック、ボルドーワインなどと並び、世界貿易機関(WTO)から産地の名前を冠することが許された数少ないお酒です。

球磨焼酎の歴史

熊本県の人吉市または球磨郡で造られる米焼酎は、約500年間室町時代から変わらず、受け繋がれてきた焼酎です。藩主相良氏は当時、東南アジアや大陸と活発に交易をしており、その際に持ち込まれて蒸留技術が今の球磨焼酎造りのきっかけになったのではないかと言われています。現在も27の蔵元が点在し、伝統の製法と多彩な味を守り続けています。銘柄の味を大きく左右する作り手である「杜氏」(とうじ)たちは先人たちより蔵の味を受け継ぎ、そして守り続け、さらに新しいものを模索しながら丹精込めて球磨焼酎作りに励んでいます。今では、この地域の誇るべき焼酎となっています。

球磨焼酎の2つのこだわり

①実績ある人吉球磨エリアのお米

人吉、球磨エリアで栽培されるお米は、九州内屈指の美味しいお米と言っても過言ではありません。球磨エリアの多良木町で栽培されているお米は、昨年行われた「第4回九州のお米食味コンクール」で個人総合優勝と自治体部門で優勝しています。九州各地128自治体から見事3年連続1位となっております。そんな美味しいお米から球磨焼酎が造られています。

②良好な水質

お米以外で、こだわっているのがお水になります。熊本県南部に流れる日本三大急流のひとつ・球磨川の清水は、熊本名産の焼酎仕込み水として使用されています。川には尺アユ、尺ヤマメの釣り場として、釣り客に大変人気であるほか、絶滅危惧種のクマタカの生息地があることでも知られています。

製造方法(単式蒸留方式)について

単式蒸留は、適度にアルコール発酵したもろみを、蒸留釜で熱し、アルコール分を含んだ蒸気を冷やしてお酒にするという、蒸留方法の中ではもっとも古く、シンプルな製法です。焼酎は、麹菌と酵母菌という微生物を利用して造られます。美味しい焼酎を造るために、生きものがせっせと働いているのです。この微生物が働きやすい環境をつくるために使われるのが、原料であるお米と水。

蒸したお米に麹菌をつけて増やし、そこに水と酵母を加えることでもろみができます。これに蒸し米と水をさらに加え、もう一度もろみをつくって蒸留します。もろみを2回つくることから二段仕込みと呼んでいます。このもろみを使った発酵は、日本の酒類にのみ見られるすぐれた技術になります。

まとめ

地理的表示の産地指定が認められるのは容易いことではないと思います。球磨焼酎は、500年の歴史と先代から受け継がれてきた杜氏(とうじ)がこの球磨焼酎の名ブランドを守っているのだと感じます。日本人の主食「お米」を原料とした球磨焼酎をぜひ知って、飲んでいただきたいなと思います。まだ飲んだことがない人にはぜひこの奥深い味わいの球磨焼酎を飲んでいただけると嬉しいです。