みなさんこんばんは。地域創生ディレクター兼、最高な夜を探求し続ける者、ひりゅうです。

多良木町や槻木集落エリアで活動する中で、ずっと気になっていた場所がありました。そこは「八栄街(はちえいがい)」と呼ばれており、地方ならではの昭和感溢れる居酒屋やスナックが軒を連ねる飲み屋街なんだとか。

今回は、そんな八栄街にある「」という名前の居酒屋にお邪魔してきました。コスパ最高、レトロ感満載、ダンディで優しさ溢れるマスターと、素敵なお店過ぎて大満足な夜を過ごすことができました。

本記事ではその様子をお伝えしていきます。

目次

  1. 多良木町の夜、ひっそりとたたずむ「八栄街」
  2. 今回お邪魔するのは、「居酒屋 里」
  3. 手作りのおつまみが食べ放題、これでなんと2,500円!
  4. ダンディで優しさあふれる、マスターの新鶴田さん
  5. レトロで心温まる、素敵な居酒屋でした

多良木町の夜、ひっそりとたたずむ「八栄街」

今回ご紹介する八栄街。多良木町の中心部にあり、付近には多良木町が全国に誇るトレインホテル「ブルートレインたらぎ(※)」もあります。

しかし、この八栄街、正直いって一見さんは非常に入りづらい場所なんです。多良木町の中心部に薄暗くたたずんでいる様子には怪しさがありますし、看板は昭和を感じさせる、古いものばかり。

「ここ、本当に営業しているのか。。。?」

そんな不安を感じさせるのが八栄街なのですが、最高な夜を探究し続ける者、私ひりゅうにとっては何も問題がありません。素敵な出会いと美味しいお酒を求めて、迷わず突き進みます。

ブルートレインたらぎとは?

2009年3月、多くの鉄道ファンに惜しまれながら廃止された寝台特急「はやぶさ」。東京―熊本で使用されていた3両をJR九州より購入し、面影を残しながらリニューアルした簡易宿泊施設です。

 

【公式】ブルートレインたらぎより)

今回お邪魔するのは、「居酒屋 里」

今回お邪魔することにしたのは、「里」という名前の居酒屋です。看板にはかっこでスナックとも書かれています。居酒屋とスナックの違いはよくわかりませんが、スナックということなのでかっこいいママさんが接客してくれるのでしょうか。

ここからは「居酒屋 里」探訪の一部始終をご紹介していきます。

溢れ出る昭和感。どうやらタイムスリップしたようです

八栄街に入った時から感じていました。あれ、今って令和の時代だよな・・・?

お店の名前、看板やお店の外見、このエリア一体の雰囲気。すべてが令和ではない。もっといえば、平成でもない。見渡す限りは、昭和時代の古き良きレトロ感。タイムスリップしたということか!と自分に言い聞かせることで納得し、お店に入店します。

お店に入りました。見渡す限り、昭和、昭和、昭和。平成生まれの私ですが、正直この雰囲気、とてもいい。とても心地いい!

ずらっと並べられたお酒の瓶、カウンター上部に飾られているたくさんのレコード、そして昭和の象徴といっても過言ではない、店内に設置されたカラオケ機器。

最近はレトロブームが注目されているようですが、ここにあるのは本物のレトロ。わくわくさせられますし、どこか落ち着かせてくれる。里の店内は、そんな雰囲気で溢れていました。

手作りのおつまみが食べ放題、これでなんと2,500円!

次に目に入ったのは、カウンターに並べられたおつまみの数々。きゅうりのお漬物、昆布の佃煮、梅干し、煮卵、チョコレート、みかん、ゼリー、などなど。

10種類程度のおつまみが用意されていましたが、なんとこれらすべてが食べ放題2時間の食べ飲み放題で基本料金が2,500円という破格なところが、里の最大の特徴ともいえます。

2,500円で食べ飲み放題。。。やばくないですか?都会のスナックでは、こんなお店なかなか見つけられないのではないでしょうか?

楽しく幸せな夜を過ごすためには、コストパフォーマンス、非常に大切だと思っています。繰り返しになりますが、「居酒屋 里」さん、2500円食べ飲み放題。素敵です。 (私のおすすめは煮卵。卵一個でお酒1杯いけます。本当に美味しい。)

ダンディで優しさあふれる、マスターの新鶴田さん

最後に紹介させてください。「居酒屋 里」のマスター「新鶴田(しんつるた)さん」です。入店前はかっこいいママさんが経営されているのかと思っていましたが、里は男性の新鶴田さんが運営されていました。

新鶴田さんとはたくさんお話をさせていただきましたが、接し方、立ち振る舞い、対応などすべてがダンディ。手元の飲み物や食事がなくなった際にはすぐに気が付いて、声を掛けてくださいました。

マスターの気遣いに安心させられながら、そしてマスターとのコミュニケーションを楽しみながら飲むお酒は、とてもおいしい。提供していただくお酒が美味しいのは当然なのですが、この雰囲気の中で飲むお酒は別格です

そんな雰囲気の中では、濃い目の水割り米焼酎が止まりません。幸いにも明日は土曜日。さあ、今日はいけるところまで行きましょうか。こうして、多良木町の静かで愉快な夜が幕を閉じていきました。

レトロで心温まる、素敵な居酒屋でした

昭和感あふれる素敵な店内、種類が豊富で食べ放題のおつまみ、そしてダンディで優しいマスターの新鶴田さん、魅力満点の居酒屋スナック「里」で、無事優勝いたしました。

多良木町、八栄街、里、最高!!

熊本県南部に位置する多良木町は、現在人口が8,900人ほど(※)。年々少なくなっているそうです。だからこそ、町外、県外からの観光客の来店がとても大切になります。

正直初めて訪れる人は、八栄街の怪しげな雰囲気に足を運びにくいなと感じる人も多いかと思います。ですが、里を含め八栄街全体はとても魅力的で温かい飲み屋街です。(里以外はまだ行っていませんが。。。)

ぜひみなさんも一度、八栄街を、居酒屋スナック「里」を訪れてみてください!

※国土地理協会による、2022年4月の調査より(https://www.kokudo.or.jp/service/data/map/kumamoto.pdf

居酒屋 里の詳細情報

住所 〒868-0501 熊本県球磨郡多良木町大字多良木
電話番号 0966-42-5290
アクセス 多良木駅から直線距離で250m