今回は私たちが日頃からお世話になっている、熊本県球磨郡多良木町についてご紹介させていただきます。

目次

  1. 歴史とロマンの里!多良木町(たらぎまち)
  2. 多良木町の特産品について
  3. まとめ

歴史とロマンの里!多良木町(たらぎまち)

多良木町は熊本県の南部の九州山地に囲まれた球磨盆地にあり、日本三急流の一つ球磨(くま)川が町の中央を流れています。
かの有名な西郷隆盛も西南の役で秘かに熊本に入るために球磨(くま)川をくだったそうです。

日本で最も豊かな隠れ里

司馬遼太郎は紀行集「街道をゆく」の中で、この地を「日本で最も豊かな隠れ里」と記しているそうです。
都心からのアクセスは良好とは言い難いが、それもまた多良木町の魅力の一つなのかもしれないですね。

相良氏700年の歴史

多良木町は、約700年もの長い間、相良(さがら)氏の領地で相良氏に関わる多くの遺跡が残っています。
多良木町はその相良氏が最初に住み着いた場所で、相良家発展の足掛かりとなった土地なんだとか、、、
「相良700年」に受け継がれた文化財や風習、地域の歴史を結びつけて紡がれています。

ちなみに私は多良木町に訪れて、はじめて相良氏を知りました!

多良木町の特産品について


令和2年12月1日、第4回九州のお米食味コンクールin 宮若で、多良木町のお米が、個人総合部門で最高金賞、金賞、特別賞、個人チャレンジ部門で優秀賞を獲得しています。

自治体部門でも優勝しており、九州エリアで一番おいしいお米を生産している町になります。

そんな美味しいお米を原料とした米焼酎のブランドである「球磨焼酎」が有名で、多良木町には、7つの醸造元が古くからあります。
最近では、多良木町、民間企業が協力しながら、野菜で野菜を食べるドレッシングを商品化するなど、新たな挑戦に取り組んでいます。

またお米だけでなく、メロン、しいたけ、TSUKIGIみつまた、また杉・檜等の多くの特産品が生産されています。

多良木町の特産品は、ふるさと返礼品として購入することも可能です!
多良木町のふるさと納税

まとめ

私の第2のふるさと多良木町、住民や役場の方からは「そろそろ住民票を移さないとですね~」といつも優しく声を掛けてもらっています。

どこまで多良木町をお手伝いできるか分からないですが、できる限りの支援をしていきたいと思います。