こんにちは、りゅーせいです!
日本各地で野生鳥獣による農林業への被害が問題となっています。つきぎでも猟友会が駆除活動をしていますが、駆除した猪や鹿のほとんどが破棄処理されている状況でした。そこで、「つきぎ資源活用協議会」は、ジビエ肉を食肉として有効利用することで、山里の命の循環を守り、地域の活性化に繋げる活動をしています。

目次

  1. 安心安全なジビエを届けたい
  2. つきぎジビエ取扱商品一覧
  3. お問い合わせ先

安心安全なジビエを届けたい

ジビエ肉は、天然素材なので、家畜された肉と比べて安全性が低いのです。だからこそ、消費者様へ安心安全なジビエ肉を届けることを第一に考え、衛生管理HACCPに準拠して生産しております。

品質を確保する衛生管理体制

(1)衛生管理計画を協議会で策定
(2)計画に従い、徹底した衛生管理を記録
(3)定期的に管理項目を見直し、改善を継続する

トレーサビリティ(流通経路の追跡)

捕獲から出荷までの工程や衛生管理方法など、製品の履歴を残し、消費者に安心を届けます。

ジビエ解体のプロフェッショナル

つきぎジビエは、その道40年の職人さんが丁寧に捌いています。特に衛生管理に厳しい野生野獣の処理を、熟練の技術で対応しています。
保有資格:食品衛生管理者(国家資格)/食品衛生管理者
勤務実績:東京食肉市場12年間、食肉加工会社18年間

つきぎジビエ取扱商品一覧

つきぎジビエが販売する商品は、生肉のロース、モモ、シンタマの3つと、鹿肉ソーセージがあります。

鹿ロース

肉の特徴:柔らかな肉質で鹿肉本来の旨味を味わうことができます。鹿肉の中でも希少な部位です。
調理方法:柔らかさと、肉本来の旨味を味わうなら、ステーキやローストがおすすめ。じっくり火を通すとしっとり仕上がります。(70度~80度の低温調理)

鹿内モモ

肉の特徴:筋肉繊維が細かく柔らかい肉質。脂身も少なめで、くせもなく肉感を楽しむことができます。
調理方法:鹿らしい味わいを楽しむのなら、そのまま焼いてステーキに。生姜焼きにしても美味しくいただけます。

鹿シンタマ

肉の特徴:脂身の少なさに反して肉質は柔らかく、様々な料理に使うことができます。
調理方法:他のモモ系の部位と同様に、幅広く調理できます。ハムや燻製といった加工にも適しています。

鹿ソーセージ

肉の特徴:鹿肉を約60% 使用したサラミ風のソーセージ。栄養価の高い鹿肉を、お手軽にお召し上がりいただけます。ピザのトッピングや、お酒のおつまみに最適です。
商品取り扱い、販売については、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先

つきぎ資源活用協議会~みらい~
〒868-0505 熊本県球磨郡多良木町槻木713-1 集落支援員事務局内
TEL:090-7291–1179(受付時間8:00~17:00)※休日・土日・祝は除く